©伝統素材伝承支援協会 土木が私たちに残すもの 150 150

土木が私たちに残すもの

先日よりまたしても出張中のワタシです。

各地を行き来していると…新しい道路が開通しており驚くことも多いんです。

 

 

こんな時、土木工事の方々を頼もしく感じますね。

 

というわけで、おさらい問題です。

建築と土木の違いは?


 

今日のおさらいは「土木」と建築の違いについて。

 

分かりやすく言えば

 

建築はヒトが活動する建物を作ること。
そして土木はそれ以外すべての工事。

というのが分かりやすい考え方のようです。

例えば、住まいは建築。トンネルは土木。
建築と土木の2つを合わせて「建設」。

なるほど~ですね。

ということは、古墳は土木。



土塀も土木。


橋も土木。


お城もその目的から考えれば土木といえますね。



現代では、道路、上下水道、公園、街づくり…。
洪水を防ぐための治水工事など
我々の生活をしっかりと支えてくれているオシゴトなんです。

 

もっと凄いのはその仕事の多くが地図に残る仕事。

一つ一つの仕事が新たな地図を作っていく仕事なんです。

 

漆喰を使うことはなかなかありませんが、

ココにも我が国の伝統技術がふんだんに活かされているそうです。