©伝統素材伝承支援協会 富士山麓に沖縄の魂 150 150

富士山麓に沖縄の魂

世界文化遺産に登録された、富士山。 今年の夏も登山するかたが殺到するのでしょうか? 美保の松原がある静岡・駿河湾からの富士山の画像ばかり見るような気もしますので、写真は山梨・河口湖からの富士山を。

©伝統素材伝承支援協会 高温多湿な今こそ…クレームの時期 150 150

高温多湿な今こそ…クレームの時期

降り続く雨と、晴れても蒸し暑い毎日。全国的に漆喰の施工が難しい季節です。 左官工事は水を塗るとも言われる仕事。 洗濯物と同じで「乾きにくい」ことは色々なトラブルを生むのです。

©伝統素材伝承支援協会 そろそろクールな古民家が活躍する時期 150 150

そろそろクールな古民家が活躍する時期

誰もが知っていることは「古民家は夏涼しい」。 ならば夏だけでも古民家に住みませんか? 今年も私が勝手に提唱する「クール古民家」。 …というわけで、しつこくおさらいです。

©伝統素材伝承支援協会 漆喰と夏本番 150 150

漆喰と夏本番

木々の色もより一層緑が深く見えてきました。

©伝統素材伝承支援協会 木と漆喰の住まいなのに不快なのは…? 150 150

木と漆喰の住まいなのに不快なのは…?

いよいよ明日は夏至。 本来、時期的には梅雨もそろそろ終わりのはずなんですけど。 雨の中。傘を差して、気をつけながら歩いても、いつのまにか靴や靴下や、着ている服がビッショリになっていますね。

©伝統素材伝承支援協会 おさらい 土はどうやって出来るのか? 150 150

おさらい 土はどうやって出来るのか?

大雨による増水、洪水の危険。 そんなときは川や海に近づかないように気をつけましょうね。 思いもよらぬ偶然は私たちを不幸にします。 上流から流れて来るものは水だけとは限らないんですから。

©伝統素材伝承支援協会 今のうちから気を付けて 150 150

今のうちから気を付けて

ワタシが住む九州。各地で例年の今頃は、雨の被害を受けていますが… 今年はまだまだ。梅雨入りもしていません。

©伝統素材伝承支援協会 読めますか? 「校倉造」 150 150

読めますか? 「校倉造」

こんな伝統建築。 こういったつくりを校倉造(あぜくらづくり)といいます。ご存知でしたか? 写真のように、四つ角で木材が交差するように組み上げられた構造になっているんです。

©伝統素材伝承支援協会 1000年の理由 150 150

1000年の理由

我が国で遺され伝えられる伝統建築。全て木造建築なんです。それは1000年を越えて我が国のタカラに。 でも、なぜ? なぜ、1000年以上残ってきたのでしょうか?

©伝統素材伝承支援協会 カビが生えないから 安全なのか? 150 150

カビが生えないから 安全なのか?

今年の梅雨は各地で空梅雨。 朝晩はまだ寒いねぇ、コタツ片付けなきゃ良かった…などといいつつ油断すると…あららカビがという具合に。 The bread mould project, Anna, Grade 9 / Helena Jacoba ジメジメした空気が閉じ込められた...

©伝統素材伝承支援協会 今年の台風は? 150 150

今年の台風は?

台風。今年はまだ2つです。 気象庁発表の統計値によれば、台風が発生する平年値は25.6個。うち日本に接近するのは11.4個とのこと。…台風の数え方は「個」なんですね。

©伝統素材伝承支援協会 漆喰の原料を知る 150 150

漆喰の原料を知る

セミナーや勉強会では必ず漆喰の原料についてご説明しています。 多くの方が、ご存知のようでご存知でないオハナシなんですね。 漆喰の原料は全て生物由来のモノなんです。というオハナシをおさらい。