©伝統素材伝承支援協会 木を枯らすと書いて「こがらし」 150 150

木を枯らすと書いて「こがらし」

こがらし。木を枯らすと書いて「こがらし」って読むんです。 今年は近畿ではやくも11月4日に。関東ではまだ木枯らしが吹いていませんね。 ちなみに昨年も関東では木枯らし1号の発表となりませんでした。 ちなみに、この観測は関東地方と近畿地方でしか観測発表を行っていないのだとか...

©伝統素材伝承支援協会 日差しが恋しい 150 150

日差しが恋しい

寒くなると相変わらず暖かい沖縄が恋しくなりますね。 残暑までは大嫌いだった強い日差しも恋しくなりました。   さて、現在ではコンクリートの建物が目立つ沖縄ですが、もともとは緑と土、そして石垣が美しい町並みだったそうです。 今日はその美しい「石」についておさらいです。...

©伝統素材伝承支援協会 今と昔の違い 150 150

今と昔の違い

「現代の漆喰」と戦前や明治期などの「昔の漆喰」。  その違いを見分ける方法はありますか? というご質問をいただきました。

©伝統素材伝承支援協会 くどいようですが「漆喰」って 150 150

くどいようですが「漆喰」って

幾度となく繰り返している、「素材としての漆喰」について。 基本中の基本知識についてのオハナシです。

©伝統素材伝承支援協会 土蔵と娘 150 150

土蔵と娘

「娘師」というコトバ、ご存知ですか? 娘さんを商売にするような印象。だからといって、娘さんをダマしてナニするような商売ではありません。 娘師。現代では時代劇などで出て来るコトバなんです。

©伝統素材伝承支援協会 建材は「産地偽装」の前に産地不明?! 150 150

建材は「産地偽装」の前に産地不明?!

食品偽装。産地偽装。驚くほど色々なトコロから発覚していますね。 でも、食品だけの問題ではないのです。 衣食住。 私たちの生活をとりまく3つ。 「衣」の産地偽装のニュースは珍しいものではなくなりました。 食べればわかるはずの、一番真偽が分かりやすい「食」ですら私たちの...

©伝統素材伝承支援協会 ご相談はメールが早いです 150 150

ご相談はメールが早いです

でんでん協会には「漆喰」を中心とした「伝統素材」に関するお問い合わせを連日いただいています。 協会宛のお電話は不在にしていることが多いので、私の携帯電話に転送しているのですが、なかなか出ることが出来ませんです。申し訳ありません。 それが携帯電話の正しい使い方なのか分かりま...

©伝統素材伝承支援協会 ウンチクと築の字 150 150

ウンチクと築の字

ちょっとしたお話の機会に話題にさせていただくのが、建築の「築」の文字について。 「築という字は『竹・土・瓦・木』の4文字に分解できる」との薀蓄(うんちく)がありますね。

©伝統素材伝承支援協会 あふれ出る歴史ロマンと漆喰 150 150

あふれ出る歴史ロマンと漆喰

漆喰の歴史のハナシをすると、エジプトのピラミッドや万里の長城のハナシが出てきます。だから、それはそれは古くから使われてきた素材だと思われるんでしょうが…

©伝統素材伝承支援協会 立冬 2019 150 150

立冬 2019

今日は 立冬 。 季節もこれから本格的に冬に向かいますね。 さすがにお風呂も億劫がらずにシャワーだけでなくゆったりとお湯につかりたいものです。

©伝統素材伝承支援協会 「自分で漆喰を塗ってみたいのですが…」という相談がかなり多いんです。 150 150

「自分で漆喰を塗ってみたいのですが…」という相談がかなり多いんです。

インターネットで漆喰について書かれているサイトは沢山ありますね。 書く側ではなく「探している側」の気持ちになって調べてみると  「DIY 漆喰」 の組み合わせがインターネットの検索上位にあることに気づきます。

©伝統素材伝承支援協会 石灰石が歴史を創った 2019 150 150

石灰石が歴史を創った 2019

私が勝手に言っているのですが、世界を見れば見るほど「石灰石が歴史を創った」という言葉。 と、いうわけで今日は世界じゅうの写真リンクを多用して、写真で見る世界旅行です。漆喰の主原料である石灰石を見てみましょう。