©伝統素材伝承支援協会 カサカサはダメ 150 150

カサカサはダメ

最近ちょっとセキが出たりと…乾燥の季節が到来ですね。お風呂上りなどには、肌がバリバリとするときも…乾燥注意報が出ている地域も少なくありませんね。特に暖房をエアコンなどにすると、さらに空気が乾燥します。

©伝統素材伝承支援協会 漆喰はインフルエンザに…? 150 150

漆喰はインフルエンザに…?

街なかを歩くとそこかしこに咳き込む姿。…風邪が流行っています。 もうそんな時期なんですね。 特に気をつけたいのは流感。インフルエンザですね。 諸説ありますが、私は出来るだけワクチン接種を受けるようにしています。

©伝統素材伝承支援協会 すさは、漆喰にとっては絶対に必要な素材 150 150

すさは、漆喰にとっては絶対に必要な素材

漆喰や土壁には大事な原料が数多くあります。 「手間をかける」というでしょう? コトバの通り、様々な方の手を経て、時間をかけて出来上がるのが、手間のかかった素材「伝統素材」です。 今日はその中から「すさ」についておさらい。

©伝統素材伝承支援協会 奈良の紅葉もキレイ 150 150

奈良の紅葉もキレイ

紅葉の季節もあとわずか。やっぱり京都でしょうか? しかし、私からはあえて「奈良」と云わせていただきたい。 「平城京」でしょ

©伝統素材伝承支援協会 木枯らし 七輪 150 150

木枯らし 七輪

こがらし。木を枯らすと書いて「こがらし」って読むんです。 今年は暖冬? まだ木枯らしも吹いていませんね。 ちなみに昨年の木枯らし1号は関東も近畿も10月30日でした。 ちなみに、この観測は関東地方と近畿地方でしか観測発表を行っていないのだとか。 例えば九州で「東京は...

©伝統素材伝承支援協会 心から沖縄へ行きたくなります 150 150

心から沖縄へ行きたくなります

寒くなると相変わらず暖かい沖縄が恋しくなりますね。 残暑までは大嫌いだった強い日差しも恋しくなりました。   さて、現在ではコンクリートの建物が目立つ沖縄ですが、もともとは緑と土、そして石垣が美しい町並みだったそうです。 今日はその美しい「石」についておさらいです。...

©伝統素材伝承支援協会 漆喰の昔と今 150 150

漆喰の昔と今

「現代の漆喰」と戦前や明治期などの「昔の漆喰」。  その違いを見分ける方法はありますか? というご質問をいただきました。

©伝統素材伝承支援協会 おさらい「素材としての漆喰」について 150 150

おさらい「素材としての漆喰」について

幾度となく繰り返している、「素材としての漆喰」について。 基本中の基本知識についてのオハナシです。

©伝統素材伝承支援協会 娘と土蔵 150 150

娘と土蔵

「娘師」というコトバ、ご存知ですか? 娘さんを商売にするような印象。だからといって、娘さんをダマしてナニするような商売ではありません。 娘師。現代では時代劇などで出て来るコトバなんです。

©伝統素材伝承支援協会 調べてみよう 150 150

調べてみよう

食品偽装。産地偽装。驚くほど色々なトコロから発覚していますね。 でも、食品だけの問題ではないのです。 衣食住。 私たちの生活をとりまく3つ。 「衣」の産地偽装のニュースは珍しいものではなくなりました。 食べればわかるはずの、一番真偽が分かりやすい「食」ですら私たちの...

©伝統素材伝承支援協会 よくある「問合せ」とは 150 150

よくある「問合せ」とは

でんでん協会には「漆喰」を中心とした「伝統素材」に関するお問い合わせを連日いただいています。 協会宛のお電話は不在にしていることが多いので、私の携帯電話に転送しているのですが、なかなか出ることが出来ませんです。申し訳ありません。 それが携帯電話の正しい使い方なのか分かりま...

©伝統素材伝承支援協会 建築の「築」 150 150

建築の「築」

ちょっとしたお話の機会に話題にさせていただくのが、建築の「築」の文字について。 「築という字は『竹・土・瓦・木』の4文字に分解できる」との薀蓄(うんちく)がありますね。