©伝統素材伝承支援協会 連休には漆喰を見たい その6 150 150

連休には漆喰を見たい その6

我が国の建築文化は、歴史的に言えば明治期から、文明開化の音とともに、変貌しました。それまで木や土や漆喰、唐紙などしかなかった壁の素材として、セメントやペンキがやってきたのです。 が…文明開化だからといって、そんなに簡単に欧米の素材など手に入りませんよね。 ですからデザイン...

©伝統素材伝承支援協会 連休には漆喰を見たい その5 150 150

連休には漆喰を見たい その5

全国各地に漆喰のまちなみが残されています。そんな場所を訪れるのも素敵ですよね。 例えばそんな中の一つが愛媛県内子町。 まちなみ保存がしっかりと行われている、素敵な景観が楽しめる町です。

©伝統素材伝承支援協会 連休には漆喰を見たい その4 150 150

連休には漆喰を見たい その4

毎年この時期は、春の連休に合わせて「漆喰を見に行こう!」とオススメの漆喰を紹介しています。

©伝統素材伝承支援協会 連休には漆喰を見たい その3 150 150

連休には漆喰を見たい その3

引き続き、連休企画。お出かけして漆喰を観ましょう!!…のオハナシ。

©伝統素材伝承支援協会 連休には漆喰を見たい その2 150 150

連休には漆喰を見たい その2

今年も連休に合わせて。 せっかくの行楽シーズンですから、漆喰を「観に行こう!」と2日目です。

©伝統素材伝承支援協会 連休には漆喰を見たい その1 150 150

連休には漆喰を見たい その1

もうすぐ春の連休ですね。 遠かろうと近かろうと、せっかくのお休み。 たとえいつもの場所でも、いつもと違った眼で視ることが出来るはずですから どこかへ出かけませんか?

©伝統素材伝承支援協会 フルザイは古い 150 150

フルザイは古い

「 古材 」…何と読みますか? 「ふるざい」と読んだ方、「こざい」と読んだ方、いずれも正解です。 古くから建築にたずさわっていた方は「ふるざい」と読む方のほうが多いようです。現在は「こざい」が主流ですね。だからコザイが常識。実は「古材」がフルザイと呼ばれたのは昔のこと。今...

©伝統素材伝承支援協会 漆喰は汚れる 150 150

漆喰は汚れる

「すみません、漆喰の汚れを落としたいのですが?!」というご相談、かなり多く寄せられます。 と、いうわけで「漆喰の汚れ」についてです。

©伝統素材伝承支援協会 潮干狩りと漆喰 150 150

潮干狩りと漆喰

連休は海へ山へ行楽に。 海辺ならしばらくはコレですね。 潮干狩り。アサリなどの貝を採るんです。 というわけで、今日は貝のお話から。

©伝統素材伝承支援協会 モロヘイヤ漆喰 150 150

モロヘイヤ漆喰

漆喰は「石灰」と「麻すさ」と「海藻のり」、3つの素材からつくられます。  山を削り、畑で栽培し、海で採る。  そうやって集められた素材で作られた、日本のタカラの一つです。 …と、いつも説明していますね。 ところが、その原料となる素材がなかなか手に入らなくなっている現...

©伝統素材伝承支援協会 そろそろ連休 漆喰DIYの準備 その8 150 150

そろそろ連休 漆喰DIYの準備 その8

DIYで漆喰を…と夢見ている方のためのお話をまだまだ続けます。 漆喰のラベルにときおり「不燃」という言葉が書かれています。 それはいったいナニ?というわけで、今日は「不燃性能」というものについておさらい。

©伝統素材伝承支援協会 漆喰の「歴史」はなかなか難しい 150 150

漆喰の「歴史」はなかなか難しい

漆喰はどのくらい古いの?どんな文献に残されているの? いつも困る質問です。 漆喰や瓦などの建築文化は仏教伝来と同時期に大陸から…とは習ってきましたが、その根拠となる「文書」となると。 「書かれている」といわれている文書がいくつか。いろいろと調べていますが、なかなか出会...