©伝統素材伝承支援協会 漆喰塗料、漆喰ペイントとは何でしょうか? 150 150

漆喰塗料、漆喰ペイントとは何でしょうか?

近年「漆喰塗料」「漆喰ペイント」が話題になりましたね。 漆喰?塗料?おかしな名前です。2種類の異なる製品を組み合わせたものですね。 いってみれば「お好み焼きクレープ」みたいなものでしょうか? さて、「漆喰ペイント」「漆喰塗料」という製品が市場に出始めて10年くらいでしょう...

©伝統素材伝承支援協会 繰り返しのおさらい 150 150

繰り返しのおさらい

残念ながらホンモノがなかなか使われていないのが我が国の建築…と、これまでに幾度となくお話してきましたが、なかなかご理解いただけないのもこのオハナシ。 と、いうわけで今日も繰り返し、おさらいです。

©伝統素材伝承支援協会 漆喰は地産地消が出来ない 150 150

漆喰は地産地消が出来ない

「地産地消」。 食べ物にとどまらず、住まいづくりにも地産地消を目指している方が多いですね。それが昔は当たり前のことだったはずですが、残念ながら現代では大変難しいことになっているんです。 というわけで、今日は地産地消が出来ない材料、漆喰の原材料についておさらい。

©伝統素材伝承支援協会 左官原料の漁期です 150 150

左官原料の漁期です

南の島から梅雨入りが始まったニッポン列島ですが、連日の各地での真夏日。 もうそこまで夏が近づいていますね。 いっそ海水浴に行きたい気分です。

©伝統素材伝承支援協会 塩の中で暮らす 150 150

塩の中で暮らす

北海道。 文明開化の大波が残る場所であり、明治以降に一気に人が増えた場所には色濃くその名残が残り、地元で花咲いた文化もたくさん残っています。そして、厳しい自然との闘いの姿も目にすることが出来ますね。

©伝統素材伝承支援協会 漆喰の汚れ方を知る 150 150

漆喰の汚れ方を知る

実際、住まいの塗り替え工事を行う動機となるのは、耐久性が落ちたからではなく、汚れてきたからというものが少なくありません。「劣化」という言葉の定義については諸説ありますが、劣化の中でも「メンテナンス」の契機となるのがこの 汚染 なんです。 と、いう今日は 漆喰の汚れ についてで...

©伝統素材伝承支援協会 初夏の花と アブラのお話 150 150

初夏の花と アブラのお話

初夏に咲くこの花、なんという花かご存知ですか? 何の花だかワタシも知らなかったんですが…桐の花です。

©伝統素材伝承支援協会 結露との闘いが始まる 150 150

結露との闘いが始まる

あまり知られていないお天気の話ですが  沖縄県の梅雨入りは平年で5月9日。  今年は5月8日に梅雨入りしました。 そうこう言っているうちに、もうすぐ全国梅雨入りです。というわけで結露のオハナシ。

©伝統素材伝承支援協会 ありあわせで作ろう 150 150

ありあわせで作ろう

最近は男性が積極的に家事をすることが流行っているようですが、一人暮らしが長かった私は「手伝う」ではなく普通に家事を(笑) ある日のオカズは、冷蔵庫の中からあり合わせでオカズを一品。こういうことって、主婦の方ならよくありますよね? 先日は、小松菜少しと豚肉があったから…こんな...

©伝統素材伝承支援協会 「偽装」を調べるために 150 150

「偽装」を調べるために

食品偽装。産地偽装。驚くほど色々なトコロから発覚していますね。 でも、食品だけの問題ではないのです。衣食住。私たちの生活をとりまく3つ。 「衣」の産地偽装のニュースは珍しいものではなくなりました。食べればわかるはずの、一番真偽が分かりやすい「食」ですら、私たちの想像をはるか...

©伝統素材伝承支援協会 鏝絵について 知っておきたい 150 150

鏝絵について 知っておきたい

先日に続いて、鏝絵。せっかくですから、もう少しおさらいしましょうね。

©伝統素材伝承支援協会 漆喰をピカピカにする 150 150

漆喰をピカピカにする

顔の写る漆喰 まずはピース!… 違います。お見せしたいのは手がキレイに映っているのは漆喰の壁。