©伝統素材伝承支援協会 不快な季節こそ漆喰の優れた機能がわかる 150 150

不快な季節こそ漆喰の優れた機能がわかる

木々の色もより一層緑が深く見えてきました。




雨は植物にとっては恵みの雨ですが、私たちの暮らしにとっては鬱陶しいものでもありますね。


さて、そんな時こそ漆喰の優れた機能がわかるというものです。

ジメジメ天気でもサラッと。空気がべとつきませんね。
思わぬところにカビが生えるという心配も無いことでしょう。

 それが我が国で伝えられてきた素材の真のチカラ。
 千年を越えて進化を遂げ真価を発揮する、実績と実力。

「漆喰」に興味を持った方は…過去のブログを読んでください(笑)
夏至を越えて、さあ、もうすぐ夏本番ですよ。