©伝統素材伝承支援協会 夏の読書に「天平の甍」はどうでしょうか 150 150

夏の読書に「天平の甍」はどうでしょうか

引き続き瓦のオハナシ。
ワタシは瓦と聞くと「天平の甍」を連想してしまいます。




不屈の思いを胸に、幾度も日本へと海を渡る鑑真和上。

そのために文字通り苦心した若い僧たちのオハナシですね。井上靖さんの小説、お読みになったことがある方も多いことでしょう。その「天平の甍」の舞台が奈良・唐招提寺さん。鑑真和上が晩年を過ごした奈良時代創建のお寺さんです。


唐招提寺さんは、もうとにかく、見どころが多いんです。










これが何でどういったもので…などという薀蓄での「見どころ」ではありません。

とにかく、見て心に響く場所。
暑い夏にも心がしゃんとして来るような、そんな場所なんです。

夏の夜は短いですが、「天平の甍」読み返してみませんか?
休暇を使って奈良を訪れるのも良いですよね。