©伝統素材伝承支援協会 青春と伝統建築 150 150

青春と伝統建築

一気に梅雨に。あっというまに春が終わってしまったような気がしませんか?

一生「青春」という方はいますが、季節の移り変わり、気が付くと…。

さて、今日は
青春のオハナシ。何故、青い春なのでしょうか


その答えは神様に。


例えば平城京大極殿の内部の天井近くの小壁には、干支(えと)の十二支、そして各方角からの守り神である四神(青龍朱雀白虎玄武)の絵があるんです。
四神と季節、覚えてますか?国語の授業で習いましたね。

季節と四神を組み合わせて青春・朱夏・白秋・玄冬…だから青春時代と云うのでしたね。

 

たとえば朱雀門は南の門。

広い広い平城宮の南の門であり南の守り神であったといわれます。
守っているのは朱雀門から、は~るかかなたに見える大極殿

 

いかがでしょう?
遺跡めぐりもちょっとした豆知識で楽しくなりませんか?
都や建物などの守り神を探す…なんて旅も面白いかもしれませんね。