©伝統素材伝承支援協会 木を枯らすと書いて「こがらし」 150 150

木を枯らすと書いて「こがらし」

こがらし。木を枯らすと書いて「こがらし」って読むんです。

今年は近畿ではやくも11月4日に。関東ではまだ木枯らしが吹いていませんね。
ちなみに昨年も関東では木枯らし1号の発表となりませんでした。

ちなみに、この観測は関東地方と近畿地方でしか観測発表を行っていないのだとか。
例えば九州で「東京は吹いたみたいだけど、ウチはいつだろうねぇ?」といつまで待っていても気象台の発表は無いようです。

さて、寒くなってくると火が恋しくなります。
ヒーターやエアコンの暖房よりも「火」のほうが、心も温まるような気がします。

暖かい火は様々なトコロでお目にかかります。
近年、七輪を置いている居酒屋さん、結構多いですよね。


炭を使って肴を炙りながら、チビチビ、またはゴクゴクと。旨そうです。
が、このブログはグルメブログではありませんから、素材について。



七輪って何から出来ているかご存知ですか?

実は壁材でおなじみ、「珪藻土」のものが主流なんです。

珪藻土。
ここ数年塗り壁材としてのブームもあり、多くの方が目にしているものですね。

ではこの珪藻土とは何か。

名前の通り「珪藻」という藻の化石なんです。石灰岩がサンゴや原虫の化石であるのと同様、珪藻土も生物の化石。昔むかし、珪藻が沢山生えていた所で生えては死に生えては死に…。それらが積もったものが現代になって地層になっているんですね。

七輪にする時にはその土のカタマリをキレイに削り揃えて高温で焼き固めます。
お茶碗などと同様、焼き物なんです。

…が壁に塗って固まるのは何故なんでしょうか?
まさか塗って乾かした後、家に高熱をかけるわけにもいきません。

ということは???何か入っているものも少なからずあるということですよ。
それを見分けるのは…でんでんセミナー(笑)。


また次の場所と日程が決まり次第ご案内しますね。