©伝統素材伝承支援協会 今の時期、カビの相談が増える 150 150

今の時期、カビの相談が増える

冬の初め。
この時期になると、少しカビのご相談が増えるんです。
なので、何年も前から説明していることですが、おさらいです。


漆喰にカビは生えますよ。 というお話。
まず知っておきたいのは、漆喰の主成分は消石灰。
そして、石灰にカビが生えることはまずありません。

藻やカビの発生条件。

 それは空気と水と土です。

漆喰に生える要素としては…空気が無いところはありませんから論外。


  1. 漆喰の表面に土埃がのる(畑が出来る)。
  2. 漆喰はたっぷり水を吸い、畑に水が供給される。 
といった具合に、空気中に数多く漂う藻やカビの胞子が畑に舞い降りると藻やカビの発生です。

一度生え始めると、死んだ藻やカビが畑に変わり、更に更に生育が進みます。
水を弾くはずのタイルや窓ガラスに生えてしまうのと同じメカニズムです。

要は「きっかけ」なんですね。
この写真は施工後半年で発生した黒カビ。


シミにようなモノが生え始めの黒カビです。それをルーペで拡大するとこんな姿が。


表面に出来てしまったひび割れが畑になったようです。
また、植物には酸性またはアルカリ性に対する適合がありますが、黒カビはアルカリが好きなようですね。


では藻やカビ対策をどうするか?

1)漆喰にあまり雨があたらないように建物を設計する。
  (雨のあたりやすいところに塗らない)

2)パターン仕上げなどにしない。できるだけ平滑に。
  (これは漆喰に限らず、ペンキでも一緒。)

3)逆に、生えた姿を風情として楽しむ。
  汚れもまた味わい。古刹などはそうでしょう!?

4)どうしても落としたいときは水周り掃除と一緒。
  次亜塩素酸系のカ○キラー、ハ○ターなどで根こそぎ。
  あまり固いものでこすらないこと。表面が荒れて更に生えやすくなります。


想像がつかない方もいらっしゃるようですので、実際の写真をご用意しました。
ある文化施設の蔵造りの漆喰塗り外壁です。

ご覧のとおり、上半分は漆喰。下半分は板張り。
雨の降りかかる下半分は漆喰にせず、こうした板張りやなまこ壁にすることで、雨対策にしていたのが我が国の伝統ですね。


結構キレイに見えるのですが、よくよく見ると、ちゃんと?カビが生えています。


やはり、ポイントは畑と水。条件が揃えば、漆喰には簡単にカビが生えるのです。

いずれも構造上、壁を伝う水を切るための細工部分です。




繊維状のモノ=「すさ」が浮き始めているでしょう?
表層の漆喰が雨水で徐々に摩耗していることが見てとれます。

逆に、そうさせることで壁全体でなく部分的に傷ませ、結果的に建物が長持ちするための役割を担っているのです。

さすがです。長く培われた伝統技術に脱帽と云う所です。



ただし、漆喰の吸放湿性能は大変優れたものです。

室内に塗れば、余分な湿気を吸収し、逆に乾燥時には放出。壁紙などに比べ、カビの生えにくい環境にすることが出来ます。
昔の家屋では押入れや納戸にはしっかりと漆喰が塗られ、家財や布団などをカビから守っていたのです。

住まいを快適にする素材、それが漆喰です。