©伝統素材伝承支援協会 窓ガラス。 いつから使われているのでしょう? 150 150

窓ガラス。 いつから使われているのでしょう?

今日は「窓ガラス」のおさらいです。

ガラスというものは古代から日本にありました。シルクロードを通って来たものなど、大陸から運ばれてきたものも多いので、装具や古墳の副葬品として発掘されて博物館や史料館などに展示されていますね。
伝安閑陵古墳出土 ガラス碗.JPG
By Saigen Jiro - 東京国立博物館展示。撮影許可下でSaigen Jiroが撮影。, パブリック・ドメイン, Link

ただし、窓の建具にガラスが本格的に使われ始めたのは明治になってから。
文明開化は「ガラス窓」という文明ももたらしてくれたんです。


伝統建築のガラス窓を見てみよう

1903年に建てられた明治建築。木造建築の技術、そして漆喰に、瓦に…と様々な造作に目を奪われますが…


伝統建築に使われているガラス…なんとなく分かりますか?


では、今度は分かりやすく内側から。ステキな「歪み」です。
今のガラスのように歪みなく、ビシッと真っ直ぐなガラスではないんですね。

晴れていてもなんとなく水が流れるような、味のある風景。
私はこのクセのあるガラス、結構好きなんです。


二階の窓に映りこんだ電線も、なんだか見ていて楽しくなります。
木の建具もとてもステキです。


ガラスって歪んでるの?

現在のような厚みが均一に整ったキレイなガラスが作られるようになったのは、1960年代に入ってからだそうです。それまでのガラスにはドコか、こうした味わいが残っていることでしょうね。

興味をもったかたは
「日本の板ガラス技術の歴史」
https://www.chart.co.jp/subject/rika/scnet/49/Snet49-3.pdf

また、昔のガラスには下の写真のように模様が付けられたモノも。
これもまた味わい深い印象を受けますね。


ガラスもまたいつの日か、それに代わる素材が使われ始める日が来るんでしょうか?
ドラえもんにでも聞いてみたいですね。