©伝統素材伝承支援協会 雨があたっても大丈夫なのは「漆喰」だけ 150 150

雨があたっても大丈夫なのは「漆喰」だけ

漆喰の「性能」には様々なものがありますが、ご相談いただく中で、最も多い勘違いが「防水」なんです。


「塗装の代わりに漆喰を塗りたいんですが!?」と良くご相談いただきます。

お城や蔵のイメージが強いせいか、「高耐久の防水素材」と認識されているようですね。


もともと高級な「仕上材」として用いられてきたのが漆喰。
ですが、昔と今では大きな違いがあります。

それは素材ではなく、取り巻く環境のお話。

現代の建築事情の特徴は

 昔の家屋のように「軒(のき)」を出せないこと。

軒先が出ていると、そのぶん家が小さくなってしまいますから…。
だから、軒の出は30センチ、45センチ程度ですね。
90センチ出ている家すら少なくなってきました。

軒が短いとどんなコトが起きるか…

 壁にバシャバシャと雨がかかるのです。


漆喰はたっぷり水を吸う素材。だからこそ、ジメジメした日は湿気を吸い、乾燥しているときには湿気を吐く、住みやすい室内環境も実現するのです。

ということは雨にあたればあたるほど、壁の中まで水分が浸透するのです。

漆喰は硬化すれば雨で流れる素材ではありませんので見た目は大丈夫。
ただし、中に浸透した水は、内部を傷めるんです。

写真のように、漆喰を塗らないままの土壁であれば雨で流されてしまいますよね?

土壁の上に塗られた漆喰の場合には、その壁の内部で、同じように中の土や竹や木材が傷んでいくんです。


だから、昔ながらの住まいのツクリはご覧のとおり。

雨がたくさん降りかかる場所は板張りやナマコ壁にするなど、しっかりと対策ができています。


雨があたっても大丈夫なのは「漆喰」だけ。
ちゃんとその内部への配慮が必要です。