©伝統素材伝承支援協会 冷えないエアコンで凍り付く 150 150

冷えないエアコンで凍り付く

まずは、ワタシが自ら体験したあの恐怖を。

エアコンの恐怖

ある宿泊施設の夜のコトでした。
う~ん、どうにも部屋の空気が悪い。窓も開けられない。エアコンはよくあることですが、ちゃんと動いていない。なんだかクシャミも止まらないしな~…と





まさか…まさかね…とエアコンの奥を覗き込んだ瞬間、背筋が凍りました。


こ、これは?
白い点々はいったい?
いや、その前に、なぜ真っ黒なんだ??


説明しなくともお分かりですね?
全部カビ。

しかもタダゴトではありません。

全くといっていいほど掃除をしていないのでしょうね。おそらくエアコン内部にびっしりとはびこっています。この中をとおって出てきた空気を吸ったら…健康でいられるわけがありません。

ヒトを快適にするための機械に殺されるかもしれない??という、大変貴重な体験をしました。


漆喰を塗っても健康にはならない

さて、快適と言えば…

「漆喰の部屋は快適に暮らせるんでしょ?」と、よくあるご相談に、逆に聞きたいことがあるんです。

お掃除してますか?昼寝ばかりしていませんか?


「漆喰を塗れば快適なんでしょ?」という方がとにかく多いんです。

ですが…

 漆喰を塗った家に住んでいるからといって
 快適な暮らしが出来るわけではない

と、今回も云わせていただきます。

漆喰の壁は呼吸して、色々なものを取り込みます。
調湿作用もありますから、結露を防ぎ、カビの繁殖も防げます。
静電気を帯びにくいので、ホコリが付きにくく、アトピー体質の方に最適な環境に。

イイことばかりですね。

ですが、ちゃーんと考えてください。
漆喰の家に住めば、何もしなくてもよいというわけではないのです。



“メンテナンスフリー”という言葉、心惹かれますよね?

 でも、日本伝統の素材は、手入れしてナンボ

お部屋の掃除、ほとんどの方は掃除機を使っていますね?
かつて箒(ほうき)しかなかった時代、畳の上を掃く時にはお茶っ葉の出がらしを撒いて、ホコリが舞わぬように、絡め取りながら掃除が行われていたものでした。


木の床や柱は日々磨かねば光りません。
ワックスやニスなどは使わず、米ぬかや米の研ぎ汁で磨かれていました。



壁が漆喰でも、ちゃんと換気して、部屋の掃除を行わなければ何の意味もありません。伝統素材は基本的には静電気を帯びにくい素材が多いので、かえってホコリが舞いやすいのです。

何もしなければアレルギーに悩んでいる方は、かえって症状がひどくなってしまいます。

あたりまえのことをして、さらに気持ちいい家になるのが「木と漆喰の家」なのです。

木や漆喰などの良いところばかりを見ていませんか?
結構忘れている方、多いです。