©伝統素材伝承支援協会 史跡にドーン 150 150

史跡にドーン

やっぱり暑い夏。今年の夏休みも北海道は人気のようです。

と、いうわけで、せっかく北海道に行くならこんな漆喰見てきてね~というお話。
函館の名所といえば、やはりコチラ五稜郭。

特徴的なカタチのこの史跡ですが…




真ん中に新たに建てられた建物をご存知ですか?


それがこの函館奉行所。江戸幕府の出先機関として建てられたこの建物ですが、2010年に復元されたばかりのホヤホヤ。

ですが、建築当時の再現に注力されて、外壁は漆喰、内部は大津壁が採用されているんです。


さらに、こちらの漆喰には当時に近づけるべく、文化財用の麻すさや海藻がしっかりと用いられました。
あとは、ワタシから説明するよりも、実際に訪れて感じていただくべきでしょうね。





何気なく歩く畳も本床の本畳。
かつて当たり前だったホンモノが出来る限り再現されていますよ。

史跡にドーンと建てられた、見ごたえのある建築物です。