©伝統素材伝承支援協会 フルザイは古い 150 150

フルザイは古い

古材」…何と読みますか?

「ふるざい」と読んだ方、「こざい」と読んだ方、いずれも正解です。

古くから建築にたずさわっていた方は「ふるざい」と読む方のほうが多いようです。現在は「こざい」が主流ですね。だからコザイが常識。実は「古材」がフルザイと呼ばれたのは昔のこと。今は建築関係のほとんどの方が「コザイ」と読むようになりました。


では「古材」とはどんなものか??

簡単にいえば古い材木のことなのです。


古民家などを解体すれば出てくる、古い材木。

現代ではそれらは捨てられるのが「常識」です。
ところが、ちょっと昔までは再利用されるのが「常識」だったのです。

私たちの価値観が狂ってしまったわけですね。
だから読み方を変えて、昔の価値観を取り戻そう!!と…

その非・常識を創ったのがこの方。

古材屋の井上さん。あえて「コザイ」と読むことにこだわったそうです。TV・カンブリア宮殿でもそう語っていましたね。


再利用の常識では、手解きで解体し、使えるものは全て使う。


ここで必ず、次のような疑問が生まれますね。

古い材木なんて、劣化して弱くなっているんじゃないか?

ところが、その常識は現代の建築に使われている鉄骨やコンクリートのもの。

たとえば樹齢100年の樹ならば、切り倒され、製材され、木材となって…最も強くなるのは100年後だといわれているのです。

だから、「使えるから使う」だけでなく「良いものだから使う」のです。

どうでしょう、古材のあるリビング。新築の際、あえて古材を使った住まいです。
とても魅力的に感じませんか?


そしてこれらも伝統素材。その伝承をお助けするのも「でんでん協会」の役目の一つです。