©伝統素材伝承支援協会 漆喰の「歴史」はなかなか難しい 150 150

漆喰の「歴史」はなかなか難しい

漆喰はどのくらい古いの?どんな文献に残されているの?

いつも困る質問です。

漆喰や瓦などの建築文化は仏教伝来と同時期に大陸から…とは習ってきましたが、その根拠となる「文書」となると。

「書かれている」といわれている文書がいくつか。いろいろと調べていますが、なかなか出会うことが出来ません。



さて、歴史書といえば「ふることぶみ」。

古事記をご存知ですか?

「古事記」が 時の天皇に献上されたのは西暦712年。今から約1300年前ですね。我が国最古の歴史書とされています。書かれているのは我が国の神話。天地開闢(かいびゃく)から推古天皇の世まで。様々な神様、天孫降臨などは古事記が記されるまで口伝として残っていたものとされています。


伝説的な要素?も含まれているわけですね。
それでも「記録」を伝えることはとても大切なコト。 後世にコトを残す技術です。

中国史を学ぶと、歴史家(当時の記録を記す学者)に事実と異なることを書かせようとして、弾圧を行った皇帝の話が何度も出てきます。それでも「歴史は真実を残すこと。」として遺されてきたわけです。そうでないと、暴君、名君などという評価は下せないわけですから。

歴史家が記録してきたコト、とても意義のあることなのです。

現在、領土問題となっている尖閣諸島や北方領土。
そこでも歴史に基づいた論争が行われていますね。
  • 現代に生きる私たちが歴史を刻むこと。
  • 今あるものを記録に残すこと。
  • お年寄りに聞かないとわからないコト。
  • 忘れ去られようとしているコト。
ちょっと考え直してみたいですね。

さて、奈良の平城京に都が遷されたのが710年。
古事記が献上された712年当時といえば…

奈良のみやこの大極殿も出来たばっかり。
漆喰が我が国に伝えられていたものの、まだまだ珍しいものであったはずです。
その白壁の美しさに息をのんだことでしょうね。