©伝統素材伝承支援協会 浅黄色と浅葱色 どちらも同じ読み方をします 150 150

浅黄色と浅葱色 どちらも同じ読み方をします

いきなりですが問題です。

浅葱色

さて、なんと読むでしょうか?どんな色でしょうか?









正解は「あさぎいろ」。日本には沢山の色の名前があるんです。
そしてこんな色。
浅葱色 浅葱色 浅葱色 浅葱色



「ごく薄い藍色」「薄い青緑色」がそう呼ばれます。
でも、そんな表現では印象にも記憶にも残りませんよね?

浅葱の羽織といえば新撰組の代名詞。今日は「新撰組の日」なのだそうです。

文久三年三月十三日に新撰組が発足したことによります。
Faux Shinsengumi
Faux Shinsengumi / MShades


ある方との会話の中で、「浅葱土がなぁ…」と。しかし、それがどんなものであるのか?知らないと全く意味が通じませんよね。

ちなみに浅葱土、ご覧の液晶の種類によっては全く違う色に見えるはずですが、こんな土。


京都のお寺さんで多くみられる五線壁。
伝統素材である「浅葱土」を使って仕上げられるとこんな色になるんです。

汚れがかえって美しさをひきたてていますね。

興味を持ったら是非、京都へ見に行ってみましょう。
きっと新たな出会いがそこにあります。