©伝統素材伝承支援協会 あなたが思っているほど漆喰はインフルエンザに効かない 150 150

あなたが思っているほど漆喰はインフルエンザに効かない

「漆喰がインフルエンザに効く!」というキャッチコピー、よく目にしますよね?
実際に様々な実験を行い、その環境下でウイルスが死滅するそうなのですが…





確かに近年発生した鳥インフルエンザや口蹄疫など、家畜伝染病の予防や消毒用に、日頃から多量の消石灰が散布されています。
コケコッコー共和国 - Kokekokko Republic // 2010.01.04 - 12
コケコッコー共和国 - Kokekokko Republic // 2010.01.04 - 12 / Tamago Moffle

消石灰を用いる目的は、消石灰=水酸化カルシウムの強アルカリでウイルスを殺すという目的です。だから、殺菌成分が使われた漆喰壁が有効!…ということなのですね。
なおかつ、菌が死滅するという試験も行われています。

しかし、どうなんでしょう。本当に効果があるのでしょうか?

確かにウイルスや菌が石灰分に付着してアルカリの影響を受ける状態になれば、その効果も期待できます。

が、部屋の空気中にウヨウヨとウイルスが飛んでいる時、その全てが壁に触れるかというと?

 ――― 難しいものです。

だったら石灰の工場に勤めていればほとんどの伝染病にかからない…はずですよね。


ワタシの住む津久見市。国内有数の石灰の産地ですが、しっかりインフルエンザ警報が発令されています。…結局のところ保菌者と相対していればウイルスを浴びるんです。

 国立感染症研究所 インフルエンザ流行レベルマップ
 http://www.nih.go.jp/niid/ja/flu-map.html

漆喰、そこまで万能なものではない。とあえて言わせていただきます。


うがい、手洗い、加湿、マスク、手指の消毒、換気…

結局はそれらが一番の対策です。