©伝統素材伝承支援協会 文化を未来へとつないでいくこと 150 150

文化を未来へとつないでいくこと

でんでん協会こと、伝統素材伝承支援協会。当協会は、大分県古民家再生協会が中心となって活動している大分県での活動に参加しています。

と、いう「古民家鑑定士」。その資格の認知がまだまだされていませんね。
なので今日は古民家鑑定士について改めてご紹介。



「古民家鑑定士」という資格があります。
一般財団法人職業技能振興会が認定する、公的資格です。

古民家鑑定士とは、その名称通り、
「古い民家の保存、活用、再利用を目的に、建築的見地および環境保全の見地に立ち、専門的な知識と技術を用いて、お客様に適切なアドバイス」を行ないます。

その重要な活動の一つに「古民家鑑定」があるわけです。




周辺環境、建物としての傷み具合、使われている資財などなど、様々なチェックを行います。


鑑定を行った後日、改めて「鑑定書」が提示されます。
鑑定書は現在の建物の診断書として考えてください。

さらに文化的価値や耐久性などをもとにした価格も提示されます。(あくまでも価値です。流通価格ではありません。)不動産鑑定とは異なり、古く長く大切にしてきたことで生まれていく価値。「だから大切にしてね」という価値を提示しているのです。

古民家鑑定についてもっと詳しく知りたい方は

 古民家鑑定公式サイト http://www.kominkapro.org/

鑑定の概要、鑑定依頼、資格の取得などについて案内されています。

そして「鑑定」以上に大切にしていることは、文化を未来へとつないでいくこと。未来の子供たちのために…出来ることを続けることです。