©伝統素材伝承支援協会 沖縄には 漆喰が必要だと思う 150 150

沖縄には 漆喰が必要だと思う

今日10月17日は「沖縄そば」の日です。


美味そうですね。沖縄の写真を観ていると、またもやワタシの「沖縄へ行きたい病」が発病してしまいそうです。

ほら、漆喰の改修の終わった守礼門が美しい。ここだけでも何時間でも過ごせそうです。




毎年報じられる那覇の大綱挽き。那覇のほか、沖縄の有名な綱引きの綱の多くが、琉球漆喰の原料としてリサイクルされているんです。


シーサーはもともと、瓦職人さんが漆喰で作るのが本物だったそうですよ。


さて沖縄の建築といえば、RC造が多いのも特徴ですね。
内外の温度差が生じやすいので屋内で結露が発生しやすいんです。

内装を、漆喰にすればどんなにか過ごしやすいだろうに。


やはり、沖縄に、今以上に漆喰が必要な気がします。

どうすれば良いのでしょうね?
色々と取り組みを続けていきたいと思っています。