©伝統素材伝承支援協会 特別な漆喰 150 150

特別な漆喰

顔の写る漆喰

まずはピース!…

違います。お見せしたいのは手がキレイに映っているのは漆喰の壁。




時折、ご相談いただくのが、「漆喰って顔が映るくらいピカピカに出来るんですよね?!」というオハナシ。

 ― はい。出来るんですよ!

と言いたいのですが、2つのコトバを付け加えなければならないのです。
  1. 修練を積んだ職人さんに仕事をお願いして
  2. 手間(オカネとジカン)をかければ
そうすれば可能ですね。

分かりやすく言うなら「簡単には出来ない」のです。

左官だったらスグに誰でも出来るものではありません。マニュアル通り配合や作業が出来ればキレイに出来上がるものでもありません。なにより修練と手間暇が必要なんです。
なので、日々コツコツと修練を積んでいるのが匠を目指す左官さんです。

ピカピカな漆喰に必要なもの

漆喰のなかでも「磨き」というのは、材料の自作から塗りあげるワザまでが全て一貫した、特別な技術。当然ながら普通に塗るよりも「特別なお金と時間」を左官さんに用意しなければなりません。

でも、出来上がった壁はあなただけの「一点もの」の芸術作品になるんですから、その価値は十分あるはずです。

NHK「美の壺」で再放送される度に注目されていますね。
File85「蔵」File235「小江戸 川越」などで黒漆喰の磨き、観ていただけます。

左官技術の技を尽くした壁がどれほどのものか…ね、ちゃんと顔が映りますよ。