©伝統素材伝承支援協会 漆喰の汚れ対策 最も必要なものは? 150 150

漆喰の汚れ対策 最も必要なものは?

「すみません、漆喰の汚れを落としたいのですが?!」というご相談、かなり多く寄せられます。


と、いうわけで「漆喰の汚れ」についてです。


漆喰は汚れる

漆喰は汚れます。外部の汚れは自然の影響によるもの。そして、内部はヒトによるものが多いですね。

近年は「子供の健康のために」と漆喰を選ぶ方も多くなりました。
ところが、子供は汚すのが当たり前。…ですよね?
お子様というものはトコロ構わず…「あ~っ」といった時にはすでに遅し。


 食べこぼし、食べ物を持った素手でトコロ構わず触る。
 気が付くと壁一面に落書き。
 モノを投げてぶつけて傷だらけ。

元気なお子様であればあるほど、壁も床も汚れるものです。それらの「汚れ」を落としたいとの相談に対しての答えは

 「あきらめてください」

というよりほかにありません。

ほんのちょっとした汚れであれば、消しゴムで落とせるでしょう。
軽微なシミであれば衣類と同じく、中性洗剤でとんとん叩いて…。
ですが、しっかり浸み込んだ汚れは…まず落とせません。

 ― それは「漆喰」の特性によるものです。

漆喰の特性を理解しましょう

漆喰は呼吸をする素材。じめじめした日には湿気を吸い、乾燥した日には水分を放出。臭い成分を吸収し、ホルムアルデヒドを吸収し…吐かない。様々なモノを吸収してくれる素材なのです。

 ― だから、汚れも取り込むわけです。

撥ねた油も、こぼしたコーヒーも、お子様の落書きも、全て吸い込み封じ込めます。

 ― それが「漆喰」。

ですが、そのおかげで健康的な暮らしが出来るのも事実。
ですから、初めから汚れる覚悟をもつことが得策ですね。

「漆喰は汚れる」と覚悟をきめれば納得!?

小さなお子さんがいる方の住まいづくりの際には、10年、20年後に塗り替える事を前提とした提案をおススメしています。分別がつくようになった頃、「ここはお前3歳のころ、汚したんだよ」と思い出にも。

柱の傷と壁のシミ。
想い出が残る住まいも素敵だと思いませんか?

でも、最近「汚れない漆喰」「汚れが分解される漆喰」というものもあるようです。
それはいったい…?