©伝統素材伝承支援協会 麻すさは「麻くず」ではない 150 150

麻すさは「麻くず」ではない

漆喰には、素材自体の強化と作業性の向上などのために植物の繊維が混ぜられています。

 一般にその材料を「すさ」(=)といいます。

漆喰に限らず土壁などにも「すさ」が使われています。

総じてすさの量が足りなかったり、品質が悪かったりした場合、コテ伸びや保水性が悪かったり、ひび割れが発生したり、と良くないことだらけ。とても大切な役割をもった素材なんです。


ところが「すさ」についてインターネットで書かれている記事を見ると…
「麻くず」「糸くず」と書かれていることが多いようです。

が、見てわかりますよね?
とてもクズとは言えない。そんなことを言ってはならない大変なシロモノなのです。
 

さて、まずはその中から麻すさの、さらに原料である、麻という素材について、おさらいします。




漆喰に使われてきた麻にはいくつかの種類があります。
まずはその種類から。

<大麻・苧麻>
我が国で古くから使われていた素材です。

大麻は悪用する輩が後を絶ちませんね。
もともとはその茎の皮を使って繊維を取り出していたのです。
悪いことに使われるのは葉の部分。
主にインド種のモノがその悪事の道具です。

苧麻はイラクサ。
山遊びしたことのある方なら、服にペッタンと貼った
シソみたいな葉っぱのアレです。同様に茎の繊維を使います。


<海外からの麻>
近世になって、亜麻やマニラ麻、ジュートなどが輸入されました。

亜麻色の髪や亜麻仁油で知られる亜麻は、明治初頭の榎本武揚による北海道開拓からの栽培です。

今はヨーロッパ産が多いようですね。リネン麻と呼ばれるのはこの亜麻のことです。

マニラ麻は名前の通りフィリピン原産ですね。耐水性があり、船のロープなどで使われていたものを建材用に加工していました。

ところが最近、本物のマニラはほとんど流通していません。

現在「マニラ」として売られている繊維はほとんどがサイザル麻。荒物屋で売っているマニラロープもサイザル麻で出来ています。気をつけてください。耐水性が格段に悪いですから。

南京袋やドンゴロスと呼ばれる麻袋に使われているのがジュートまたはケナフ。
ジュートの主な産地はインドやバングラデシュ。
黄麻や綱麻と書かれます。よく売られている麻紐もコレです。



<国産原料はまず手に入らない>
実は国産の素材は全く流通すらしていないのが現状です。
一部に「国産原料を使った漆喰」が売られているのですが…
不届き者の畑から大麻の繊維を入手したのでしょうか?

…そんなことは無いですよね。


ちなみに国産の麻は無いこともありません。
実は国内で許可を受けて麻の栽培をしている地域があるのです。
が、目的は伝統工芸や神事、そして文化財などのため。
左官向けにはほとんど手に入りません。

大幣に結ばれているのも麻です。 



それでも我が国には輸入された原料を、一心不乱に加工してくださる麻すさの職人さんがいるのです。原料がドコのモノであれ、我が国伝統の技術の結晶であることには変わりありません。

大事な大事な、伝統素材。
伝統技術を受け継ぎ、より良いモノを作ろうとする方々の努力で助けられています。


これでも「クズ」でしょうか?
そもそも使える素材は大切な原料。クズではないんですけど。

そうですよ。大切なもの。けっしてクズではない。

TEDより アルベルト・カイロ:「人にはクズなどいない」


※日本語ではコチラのリンクから アルベルト・カイロ:人にはクズなどいない - Ted