©伝統素材伝承支援協会 元祖とか 本物とか あまり信じられない…?というお話。 150 150

元祖とか 本物とか あまり信じられない…?というお話。

よくあるオハナシですが…

 オリジナルが良いのか?
 それとも、そこからアレンジしたモノが良いのか?

老舗のお店に良くある話ですが「本家」?「元祖」?「直伝」?「総本店」?とにかく「我こそはホンモノでござい」という意思表示ですね。
元祖カレーパン屋 カトレア
元祖カレーパン屋 カトレア / ayustety

「第一人者」という言葉もありますね。様々な、多種多様なものが生まれる中でも、本流が求められることがあるわけです。



さて、変なトンチ話はこのくらいにして、今度は住まいを造る素材で「本物」について考えてみましょう。




突然ですが問題です! どっちが本物でしょうか?

【木材】
  1. 狂いが生じにくいように熱をかけ、強制的に乾燥させた杉
  2. 伐り出されたあと、長い時間放置して自然に乾燥させた杉

【瓦】
  1. バラツキが無いようにセメントで成形され、キレイに塗装された瓦
  2. 粘土の質に左右され、また、焼き色がまばらに異なる瓦

【土】
  1. ポロポロと落ちて部屋を汚さぬよう、固める成分が入った土
  2. 強くこするとワラや骨材が落ちてしまう土

【漆喰】
  1. 付着性を良くするためにほんの少し樹脂を加えた純白の漆喰
  2. 原料の麻や海藻のために濁った白の漆喰





分かりやすく書き過ぎましたね。
そうなんです。

ですが、まだまだニッポンの住宅事情は1の素材ばかりが使われています。そこで色々な住宅会社が「ウチのは本物です!」「天然素材です!」と連呼するのです。

では実際には?

 「本物!本物!」と言っている間はなんとなく信じられない(笑)

騙されたくないですよね。

…漆喰の見分け方のヒントだけはこのブログに書いています。
探して読んでみてください。

さて、そんな本物、オリジナル と それに似せたモノやアレンジしたモノ。

選ぶのはこのオハナシをお読みのアナタかもしれません。