©伝統素材伝承支援協会 いろんな専門家がいるもんです 150 150

いろんな専門家がいるもんです

漆喰エヴァンジェリストと名乗るワタクシですが…


木には木の専門家。
たとえば「木のソムリエ」として活動する方々が全国で活躍していらっしゃいます。



そんな木のソムリエとは…紹介ページ抜粋です。
「木のソムリエ」とは、一般社団法人住まい教育推進協会認定の、木を愛する方向けの認定制度です。

木造住宅を建築されるお客様は「木」に期待しています。
しかしながら、 「木の良さ」「使われている木のコト」「メリットとデメリット」を明確に伝えられる方は少なく、お客様も相談先が分からないうのが現状のようです。

「木のソムリエ」は、木に対する専門知識を持つ者として、木造住宅や木の魅力をお客様に伝え、各地の相談窓口として活動していただけます。


一緒に活動いただける方を募集します

「木のソムリエ」に認定されると、木の住まい支援協会の設立・運営ができ、木のソムリエとしてイベントの開催や材木の販売、古材の販売など全国チェーンである古材倉庫のノウハウを取り入れ活用することが可能となります。
※「木の住まい支援協会」は、現時点では各都道府県に1協会とさせて頂いています。

現在、木の住まい支援協会として一緒に活動いただける方を募集しております。
活動内容は、地域での木のソムリエツアーなどのイベント開催や木の住まい教室の開催です。

木にこだわる方、あなたの地域で国産材の良さを伝えましょう。
多くの方に住まいを学んでいただき、日本の木で後悔しない家づくりのお手伝いをしたい。
そのような想いの方、是非お気軽にご連絡下さい。

多くの方が建てる住まいは「木造住宅」。
しかし、そこで使われている木がどんな木なのか知らずに建てる方が多いのです。

近年、高温で強制的に乾燥された木材は長持ちしないともいわれています。確かに、もしもそんな木が使われていたら?と思うととても心配ですよね。

我が国の伝統建築はちゃんとした材料が適切に用いられ、チェックとお手入れさえ欠かさなければ、ご存知の通り「古民家」として残されているんです。


ちゃんと「木」について説明してくださる方がいらっしゃれば、住まいづくりも安心ですね。

資格に興味をもたれた方はコチラのページから詳細をご覧ください。
http://www.kinosumai.org/