©伝統素材伝承支援協会 大切な素材は多くの人の手で出来ている 150 150

大切な素材は多くの人の手で出来ている

漆喰は1000年を越えて使われてきた我が国の伝統素材です。

と、いうことは何度も説明していますし、様々なメディアでもその説明が行われていますね。

 では、それを作っているのは誰でしょう?

といわれると…メーカーの品物を思い浮かべる方が多いでしょうね。

日本漆喰協会HPより



メーカー製の漆喰は

消石灰 と


麻すさ と


粉末海藻のり


などを原料として混ぜ合わせて作られています。

ここで…お気づきですか?
  1. 石灰
  2. 海藻
実はこれらを一貫して製造しているメーカーは無いんです。
メーカーはそれら3つを混ぜている会社ということですね。
  1. 石灰を焼く
  2. 麻をすさに加工する
  3. 海藻を熟成させ加工する
…様々な場所から原料を集め、合わせて出来るものなんです。

当然、漆喰のメーカーだけでなく、昔ながらのやりかたで、自分で漆喰を調合する左官職人さんもいらっしゃいますが、それでも我が国の漆喰製造はこの3つの原料素材を作り続ける方々が支えているのです。

漆喰に限らず、「伝統素材」と呼ばれているモノ。

それらは多くの「手」によって支えられているものだということを
いつまでも忘れずにいたいものです。