©伝統素材伝承支援協会 海に行けば石灰が作れるか? 150 150

海に行けば石灰が作れるか?

漆喰の原料は石灰。
そのほとんどは石灰岩が採れる鉱山から造られたものですが…




その石灰岩ってもともとは海の生き物の化石なんです。

ってことは、海に行けば原料が採れるの???



正解。

石灰岩は炭酸カルシウム。貝がらがまさに同じ成分です。


ニッポン人は貝が好き。
焼き大あさり (grilled Japanese littleneck Manila clam)
焼き大あさり (grilled Japanese littleneck Manila clam) / norio_nomura

スーパーの鮮魚コーナーには、いつも貝類が並んでいます。
 

現在しっかりとした定義があるわけではないのですが

漆喰とは

 水で練られた消石灰(水酸化カルシウム)が 炭酸ガス(CO2)と反応して硬化するもの

と考えられています。


実際に貝殻を焼けば酸化カルシウムとなります。それが水と反応すれば立派に消石灰になるんです。現在でも文化財の修復などに「貝灰」が使われているんですが…

「じやあ、自分で作れるかな?」と思った方、残念。

貝殻でも焼成には800℃近くの熱が必要です。
ご自宅のオーブンでは難しいですね。