©伝統素材伝承支援協会 漆喰が使われていれば安心な住まい…は過去のお話 150 150

漆喰が使われていれば安心な住まい…は過去のお話

 健康住宅」「自然素材住宅」が当たり前の時代になりましたね。
今日はその「こだわり」に関するオハナシをもう一度。


こだわりの住まいづくりの会社さん。
 使用する資材は、全てF☆☆☆☆に限定し、ホルムアルデヒド0(ゼロ)であることを熱心に…。

 さらに現在は、左官材や無垢の木などを積極的に取り入れた家に。

 「全て天然です」 「選びぬいています」 「こだわっています」

が謳い文句。ハウスメーカーよりも、信用できる工務店を…と各社頑張っていますね。

 

で、こだわったあまり、
  • 森を管理するところ
  • 木を切るところから現場までを見せるところ
  • ALCメーカーさんの真似して(?)燃焼実験するところ
  • アレルギーテストに、VOC計測…
と、はてしない「こだわり競争」が続いています。


さて、ココからおさらい。

壁の材料には安全なモノが使われていると思いますか?

ほとんどの方が「はい」と答えるでしょう。

 インターネット、カタログ、メーカーのセールストーク。
 「この製品は安全なのです」と並べ立てています。

 でも、もともと自然の素材で作られていれば?
 わざわざ「安全です」なんて言う必要もない。

実際には、誰もが「オール天然」と信じている、その製品の8割以上には魔法がかけられているようです。

オマジナイは、製造メーカーによるセールストーク、原料の流通の過程、虚偽の記載 …怖い魔法ですね。
 

魔法を解くカギは、

手軽なものでSDS(安全データシート)というものがあります。
現在のルールではたとえ微量であっても、その混入物を記載する必要がありますから、そこにヒトコトでも「樹脂」と書いていたら?

 …きっと魔法が解けますよね。

それでも分からないモノも多数市場にあるはずです。
その理由は、製造工場の方も、頑張って売っている営業さんも、天然と信じて売っているものが実はマゼモノだということがあるからなのですが…。

その見分け方は“直接お会いする機会”に説明しています。



「健康」「自然素材」が当たり前の住まいづくり。
次の住まいの流行は何なのでしょうか?

より「本物」を求める動きと低価格という2極化の兆しもありますね。
当然、残っていくのはより「本物」に近いものでしょうけれど。 


それは昔から変わらないカタチ。
アンティークな木材と左官材の組み合わせが市場で増えています。
確かに、和風、洋風、どちらでもいけるデザインです。