©伝統素材伝承支援協会 田舎の壁は どんな壁でしたか? 150 150

田舎の壁は どんな壁でしたか?

お盆休みはいかがお過ごしでしたか?

田舎のお家はどんな住まいでしたか?

 

昔ながらの家ならば、ふと感じたことも多かったのではないでしょうか?

 

というわけで、今日は「壁」の新旧についておさらい。

現代の壁には様々な機能が求められています。

防水性、耐候性、高気密、高断熱…しかしその為に犠牲になった快適さもあるのかもしれません。 


 

ここに2種類の「壁」があります。

 

左は現在、多くの住宅で用いられている形式。そして右は…我が国伝統の土壁。

 

違いが分かりますか?

 

現代の工法では

比較的細めの柱を使う代わりに筋交いなどを入れて補強しています。そして、内部に水が入った時に雨漏りの原因とならないように防水紙が貼られています。

そのままだと断熱効果もないので、壁の中に断熱材も入れる。一見、機能的ですが、簡易的といった印象も否めません。

 

そして伝統工法の土壁

構造を支えるしっかりした柱の間には貫が入っているだけ。竹を縦横に網目のように入れているのは、竹小という、土壁を塗りつけるための知恵です。

土を何層かに塗り重ね、最後に漆喰で保護。古民家などで土壁のままのものもありますが、漆喰を塗ることで、雨に壁が流されにくくなるので、より壁が長持ちします。

断熱は分厚い土と空気によりしっかりと行われます。

現代ものに比べると防水の能力は低いですが、その代わりに壁に含んだ水分が環境をコントロールしてくれます。

 

 住まいにとってどちらが望ましいか?

 

 機能だけなら現代のもののほうが良いのかもしれません。

 一時的にお財布に優しいのも現代のものでしょう。

 

では、住まう人にとっては??

 

 答えるまでもないですね。

 

 

土壁を基本とした伝統的な工法は

 

 1000年を超えて我が国で培われてきた「技術」なのです。

 

歴史が証明する。といっても言い過ぎではないでしょう。

 

そして、半世紀、もしくは100年過ぎた時、住まいから発生する「建築廃材」は廃材とはなりません。ほとんどすべてのモノが再生可能、または自然に還すことの出来る資財なのです。だからこそ、様々な分野で「伝統工法」「伝統構法」が見直されているのです。

 

伝統素材、それは単なる「過去のモノ」ではありません。